諸禄

1日の振り返りを5分で

マンション購入記27_住宅ローン事務手数料vs保証料

楽天銀行のメリット/デメリットをもう少し掘り下げる。

  1. 事務手数料が一律33万円と安い
    →大体の銀行は借入金額の2.2%を事務手数料or保証料として取る。7500万円借りると150万円である。高い。で、僕は10年程度で住み替えを考えている。ということは、10年で一旦は住宅ローン完済となる。10年というスパンで考えた時、割安な手数料は魅力的である。単純に10年で按分すると、手数料方式は年15万円、楽天銀行は年間3.3万円である。その分金利は0.2%くらい高いが、10年という短い期間であれば手数料が安い方が勝つ。
    ちなみに、保証料方式の方は早期完済すれば短縮した期間分の返戻があるが、純粋に残りの期間分を引き算して返してくれるわけではない。この計算はブラックボックスなのでよくわからないが、残存期間分の1/3くらいのイメージ。結局、楽天銀行が勝つ。この辺りはエクセルで検証して、「楽天しか勝たん」という確信を持った。

5分経ったので終わり。その他のメリット深掘りは次回。